ご利用条件・方法

利用条件について
1. 第1号被保険者(65歳以上) 原因は何であれ、日常生活に支障があったり寝たきりや認知症等で介護が必要な方
 
2. 第2号被保険者(40歳~64歳) 初老期認知症、脳兼疾患などの老化が原因とされる16疾病により要介護状態や要支援状態になった方
 
【16の疾病】
1. がん(がん末期)
2. 関節リウマチ
3. 筋委縮性側索硬化症
4. 後縦靭帯骨化症
5. 骨折を伴う骨粗しょう症
6. 初老期における認知症
7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  (パーキンソン病関連疾患)
8. 脊髄小脳変性症
9. 脊柱管狭窄症
10. 早老症
11. 多系統委縮症
12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13. 脳血管疾患
14. 閉塞性動脈硬化症
15. 慢性閉塞性肺疾患
16. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
 
利用方法について
①介護認定の申請
・・・お住まいの市区町村窓口・または地域包括支援センター、指定居宅介護支援事業者に相談。
 
②訪問調査
・・・専門の調査員が訪問してご利用者様の心身の状態などをお聞きします。
 
③介護認定審査会
・・・保険、医療、福祉の専門家などが訪問調査の結果と主治医の意見をもとに審査し要介護認定がおこなわれる。
 
④介護サービス、介護予防サービスのケアプラン依頼。
 
⑤介護サービス、介護予防サービスの開始。