プライバシーポリシー

1.プライバシーポリシー

デイサービスセンターたんぎく、居宅介護支援事業所たんぎく(以下「当施設」という)は、利用者等の個人情報を適切に取り扱うことは、介護サービスに携わるものの重大な責務と考えます。法人が保有する利用者等の個人情報に関し適正かつ適切な取扱いに努力するとともに、広く社会からの信頼を得るために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報に関連する法令その他関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、個人情報の保護を図ることをここに宣言します。

2.個人情報とは

個人情報とは、ご利用者様を識別できる情報のことを指し、ご利用者様のお名前、ご年齢、お電話番号、ご住所、ご家族構成、お問い合わせ内容などを、これらの内1つまたは複数を組み合わせることにより、ご利用者様を特定することのできる情報を意味するものとします。

3.個人情報の適切な取得、利用、提供の実施

個人情報を取得するにあたり、利用目的を明らかにした上で必要な範囲の情報を取得し、利用目的を通知しまたは公表し、その範囲内で利用します。
個人情報の取得・利用・第三者への提供については、本人の同意を得る事とします。なお、個人情報の提供は最小限のものとし、関係者以外には漏れる事の無いように細心の注意を払います。
法人は、業務を委託する場合には、情報の漏洩や再提供などを行わないよう、誓約を義務付け、委託先への適切な監督をします。

4.個人情報の安全を確保するための措置

当施設は、個人情報保護の取組を全役職員に周知徹底させるために、個人情報に関する書類・規定・組織体制を整備し、必要な教育を行い、個人情報の適切な保護に努めます。
個人情報保護の取り組みが適切に実施されるよう、必要に応じて評価・見直しを行い、改善に努めます。
個人情報の漏洩・紛失・毀損・不正なアクセスの予防および是正のため、施設内において規則を整備し、安全性を確保します。

5.個人情報の第三者への開示について

当施設は、原則として、ご提供いただいた個人情報を第三者に提供・開示することは致しません。
ただし、医療機関・他のサービス提供事業者又は当施設の業務委託会社に対して個人情報を開示する場合があります。
その場合においても当施設が提供するサービスと同様、個人情報に関する諸規程を遵守し、その管理を行います。また、当施設が従うべき法律に基づき個人情報の開示を要求された場合(裁判所・検察庁・警察などの法的機関からの法律に基づく正式な照会を受けた場合)、当施設は、これに応じて情報を開示する場合があります。なお、ご利用者様またはご家族からの個人情報の開示申請には、速やかにご提供できるよう努めます。

6.プライバシーポリシーの変更告知について

個人情報保護法等の改正、または個人情報管理・保護をより良いものにする為に、プライバシーポリシーの内容を変更することがございます。

7.苦情の対応

法人は、個人情報の取扱に関する苦情に対し、適切かつ迅速な対応に努めます。

8.個人情報保護に関するお問い合わせ窓口

当法人は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・更新・利用停止・削除等申し出がある場合には、速やかに対応します。
当施設が保有する個人情報についてのご質問やお問い合わせ、開示、訂正、削除、利用停止等のご依頼については、以下の窓口でお受けいたします。